素敵なハンガーの作り方 いろいろ

Sponsored Link
  • ????????????????????

ファブリックの素敵なハンガーは、見た目もオシャレな、インテリアを明るくする小物アイテムです。

玄関先でゲストのコートを掛ける場所でも、ドレスアップされたハンガーが使われれば、ゲストも

気持ちのいいものです。そして、デザイン性のあるオシャレな小物は、素敵にインテリアに映えます。

 

洋服をクリーニングに出すたびに、ワイヤーハンガーの数って増えいきませんか?

でもワイヤーハンガーは、滑り止めもなく、細くて使いにくいので、私はほとんど使っていません。

 

そこで、ワイヤー、プラスティック、木製などの、何の変哲もないハンガーを、おしゃれで使いやすい

ハンガーにリメイクする方法、いろいろと集めてみました。

 

 

ファブリックハンガー (木製ハンガーをリメイク

 

coathanger

                                                                   Notebook Magazine 

 

材料

  • 生地
  • クッションシート or スポンジシート
  • 木製ハンガー
  • 針と糸
  • はさみ
  • りぼん
  • ボタン 2個

 

 

 ファブリックハンガーの作り方 (木製ハンガーをリメイク)

 

1

  • 木製ハンガーにクッションシートを巻きつける。
  • エンドは綺麗に中側に入れ込む。
  • クッションシートがずれないように、縫ってとめる。
  • 生地をハンガーの形に合わせて切る。

    長さは、しわを作りたい分だけ長く取る。

    幅は、1cmずつ縫い代部分を加えて取る。

 

 

 

2

  • 生地を裏返しにして、サイドと下のラインを縫い合わせる。
  • 表に返して、ハンガーにかぶせる。
  • しわを作りながら、上のラインを縫い閉じる。
  • ひっかける根元にリボンを結ぶ。
  • 滑り止めを付けたい左右の場所に、ボタンを縫い付ける。

 

 

 

 

 

ファブリックハンガー (ワイヤーハンガーをリメイク

 

wirehanger

                                                                            eHow

 

材料

  • ワイヤーハンガー
  • ペイントとペイントブラシ (オプション)
  • 生地
  • クッション生地 or スポンジシート
  • はさみ

  • 針と糸
  • ボタン 2個
  • チューブ (オプション)
  • リボン

 

 

ファブリックハンガーの作り方 (ワイヤーハンガーをリメイク)

 

hanger1

  • ワイヤーハンガーを潰して、写真の形をつくる。

 

 

 

hanger2

  • オプションで、ハンガーの吊るす部分をペイントする。

 

 

 

hanger3

  • クッション生地をハンガーの形に切り、ハンガーにラップする。

    ハンガーに厚みを付けたい場合は、クッションやスポンジに

    厚みのあるものをチョイスする。
  • ずれないように、クッション生地を縫い合わせる。

 

 

 

hanger4

  • 生地を裏側に2つ折にして、ハンガーの形を下書きする。
  • ハンガーの大きさより1cm大きめに生地を切る。

 

 

 

hanger5

  • 縫い代を中へ折り曲げて、生地をハンガーに縫い合わせる。

 

 

 

hanger6

  • ハンガーの滑り止め用に、ボタンを左右に縫い付ける。

 

 

 

hanger7

  • オプションでハンガーの吊るし部分に、チューブを若干長めに

    かぶせて、ワイヤーの先を保護する。

    (ワイヤーハンガーの先は、ワイヤーが切りっぱなしの

    ものが多く、掛ける服を保護するのに、チューブが役立ちます。)

 

 

 

hanger8

  • お好みで、ワイヤーの根元にリボンを、結びつける。

 

 

 

 

 

香りつきハンガー (木製ハンガーをリメイク)

 

scented

                                                  info galaxy

 

材料

  • 木製ハンガー
  • クッションシート or スポンジシート
  • 生地 (コットン)
  • ドライラベンダー
  • りぼん
  • ボタン 2個

 

 

香りつきハンガーの作り方 (木製ハンガーをリメイク)

 

  • ハンガーの大きさより若干大きめに、クッションシートを切る。
  • ハンガーにクッションシートを巻いて、縫いとめる。

    (エンドは中にしまい込む)
  • クッションを巻いたハンガーの大きさより1cmずつ大きめに

    生地を2枚切る。

    (しわをつけたい場合は、その分長めに生地をとる)
  • 生地の表と表を合わせて、ハンガーの下のラインの縫い代を縫居合わせる。
  • 左右のサイドも、同じように縫い合わせる。
  • 生地を表に返して、ハンガーにかぶせる。
  • ハンガーの上のラインを、縫い代を中に折って、オシャレに縫い合わせる。
  • 左右に滑り止め用の、ボタンを縫い付ける。
  • ハンガーの吊るすワイヤーの部分を生地で覆う。

    封筒状に生地を縫い閉じて、ワイヤーに差し込む。

    最後の部分は、生地を中側へ折り込んで、ハンガーの生地に縫い付ける。
  • 香り袋を作る。

    好みの形に小さめに生地を2枚切る。

    裏返して縫い合わせる。ラベンダーを入れる用に少し口をあけておく。

    表に返して、ラベンダーを詰めて、生地を縫い閉じる。

    ハンガーに掛ける長さにリボンを切り、香り袋に縫い付ける。

    香り袋をハンガーにぶるさげる。

    お好みで、香り袋を2つ作る。

 

 

 

 

 

ポプリで香るレースハンガー (プラスティックハンガーをリメイク)

 

lacyhanger

                                                              All Free Craft

 

材料

  • プラスティックハンガー
  • レース (ポプリを入れる場合は、目の細かいもの)
  • リボンレース 
  • りぼん
  • クッションシート
  • シルクフラワー、パールビーズなどのデコレーション (オプション)
  • ポプリ
  • グルーガンとグルー

 

 

ポプリで香るレースハンガーの作り方 (プラスティックハンガーをリメイク)

 

  • ハンガーの肩がかかる部分にクッションシートを巻いて、

    ホットグルーでくっつけてとめる。
  • レースをハンガーの形に2枚切る。縫い代は各1cm余分に取る。
  • レース裏側の縫い代にホットグルーをつけて、レースをハンガーにくっつける。
  • 取り付けたレースの面を返して、ポプリを上に置き、ホットグルーでもう1枚の

    レースをハンガーつける。(ポプリをレース生地の中に入れて閉じる)
  • 表面と裏面に、リボンレースでハンガーを縁取る。ホットグルーでつける。
  • お好みで、シルクフラワー、ビーズ、リボンなどのデコレーションをつける。

Sponsored Link
この記事へのご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
↑  ↑  ↑
他のDIYアイディアはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です