[画像] 素敵なリビングルームのレイアウト 心地よい空間の配置

Sponsored Link
  • ????????????????????

素敵なリビングルームの写真を集めました。くつろげる空間のレイアウト方法のまとめです。心地よいリビングルームを作るポイントは、家具の配置と色の使い方です。

 

リビングルームは、お家のなかで一番くつろぐ居場所、TVをみたり家族と話したりゆっくり自分の時間を過ごす居場所です。疲れの癒せる、心地よい空間を作りたいです。

 

 

小さな空間を大きなソファーで埋め尽くす、くつろげるレイアウト方法です。

小さなスペースなら、あえていろいろな家具を配置することはせずに、シンプルに大きなくつろげるソファーだけ。これだけで、くつろぎの居場所になります。

 

スモールリビングルームレイアウト

 

L字ソファーでも、I字ソファーでもOKですが、ポイントは大きくてゆっくりできるソファーをチョイスするところ。

 

空間のほとんどが、ソファーで埋め尽くされてしまう感じでも、プライバシーな空間になって心地よいです。

 

 

他の家具は配置しない分、壁全面を利用してデコレーションすると、自分の空間ができあがります。

 

狭いスペースに配置するコーヒーテーブルは、足が空いていてテーブルの下に空間のあるものが、お部屋を広くみせます。

 

 

 

 

一番一般的なレイアウト方法ですが、見た目も外れなしで安心の配置です。

 

空間の壁側に、高さのある収納家具を配置、そこにTVやPCを配置、ソファーはコーヒーテーブルを挟むように、対面式に2つ配置します。

 

春のデザイン

 

テーマカラーを決めてデザインをすると、空間に統一感がでて素敵です。

 

上は、ナチュラルカラー以外は、緑系と紫系がテーマカラーです。

 

カーテンとクッションカバーのデザインを統一しています。どこかに入れたデザインを、空間の中の他の場所で、別の使い方をするのは、上級のデザインテクニックです。

 

 

 

 

大きなリビングルームでも、ソファーだけでほぼ埋め尽くすような家具の配置方法もありです。

 

大切なのは、くつろぎの箇所を持つ事。逆にそこ意外は、対して手をかけなくてOK。

 

パステルリビングルーム

 

大きい存在感のあるソファーを配置した場合は、そこに一番目が行くので、ソファーの色柄にある色をテーマカラーに使用すると、お部屋を統一しやすいです。

 

大きなソファーには、たくさんのふかふかクッション、見た目からもここの居場所の心地よさが伝わってきます。

 

 

 

 

 

レトロ調が魅力的、控えめなデザインが素敵な使いやすいレイアウトです。

 

ゴージャスな家具やインパクトの強い家具を並べるだけが、いつも良いデザインとは限らず、自宅の他のお部屋や自分の好みの空間が、その人のくつろげる居場所になります。

 

シンプルなリビングルーム

 

 

 

 

お部屋のコーナーを、コーナーソファーで完全に埋め尽くすレイアウトです。

 

実は、座る場所はソファーではなくて、ベンチが使われています。

 

後ろは全部壁なので、クッションを沢山配置して、素敵なコーナーソファーを作り出しています。

 

オレンジと緑のリビング

 

テーマカラーは緑とオレンジ、いつの季節にも映える、素敵な色の組み合わせです。

 

 

 

 

クールなイメージのリビングルームを作り出すには、低価格のIKEAの家具の中でも、デザイン性のあるものが、モダン調の空間を作り出すポイントです。

 

大きなラグや、大きな家具は配置せずに、足の下が空いている、家具の下に空間のある家具を選ぶと、お部屋がごちゃごちゃせず、シンプルでスッキリなイメージになります。

 

すっきり緑の居間

 

こういう下の空いているデザインの家具は、お掃除も楽チンですよね。

 

 

 

 

高級な家具を並べれば、くつろげるリビングルームになる訳ではないので、自分がゆっくり出来ると思える、愛着のある家具を使えばOKです。

 

レトロ調なのか、カントリー調なのか、ナチュラル調なのか、デザインはその愛着のある家具に統一して、さらにお部屋のテーマカラーをそろえると、高級な家具を配置していなくても、統一感のある洗練された空間になります。

レトロなリビングルーム

この記事へのご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
↑  ↑  ↑
他のDIYアイディアはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です